鍼灸師とは?専門学校や仕事内容についてよくある疑問・解決方法を分かりやすく紹介

当サイトは鍼灸師とはどういう仕事なのか、専門学校や仕事内容についてよくある疑問・解決方法を分かりやすくご紹介しています。
鍼灸のプロに関心があるのなら、ぜひ参考にしてみてください。
鍼灸を施せるプロになるための学校は働きながらでも通学できるのか、という謎も解説しています。
さらに鍼灸の学校では入学金などの借り入れ制度があるのかという質問にもお答えしているサイトです。
自分に合う学校を見つけるためにも役立つ可能性があります。

鍼灸師とは?専門学校や仕事内容についてよくある疑問・解決方法を分かりやすく紹介

人を癒すことができる仕事に魅力とやりがいを感じられそうだと考える人は多いのではないでしょうか。
そのようなときには鍼灸師を目指すのもお勧めです。
鍼灸師のよくある疑問には、どこで働けるのかというものがあります。
鍼灸師は鍼灸院や病院のほかに、介護施設などでも活躍の場があります。
鍼灸師になるには専門学校や大学で学び、試験を受けてはり師ときゅう師の国家資格を取得しなくてはなりません。
専門学校では実技や東洋医学などの授業があります。

鍼灸師とは専門学校に通うことで資格を取得できる職種

一般的に風邪や胃腸炎を患った場合は、内科や小児科といった病院を受診されることでしょう。
それとは異なり、慢性的な腰痛に神経痛だと病院ではなく、治療院というところに通われる方も大勢います。
一種の民間療法であり、国家資格ではなく治療技術を有した職種の方が処置をされるところです。
その代表格が鍼灸院で、鍼灸師とは治療院の院長を指す方のことです。
簡単に鍼灸師について解説をすると、鍼灸師とは専門学校で鍼灸の技術と知識を身に付けた方のことを言います。
2021年現在で計160の専門学校があり、3年間の在籍期間を経て卒業ができるところです。
看護師や理学療法士とは異なり、厚生労働省が定める国家試験を受験する必要はありません。
専門学校を卒業したら即治療を実施でき、現在で約10万人の方が各地で処置をなされています。
ただし、民間の技能試験というものがあり、これを受験すれば認可を得た施設という位置づけで経営ができるのがポイントです。

鍼灸師における専門学校の学科試験はどういう内容?

手に職をという事で今注目されている一つの職業に、鍼灸師があげられます。
整体院で鍼灸を導入している所も有れば、鍼灸の専門院もありますし美容鍼というジャンルもあり美容効果が高い物でアンチエイジングの方法としても使われています。
鍼灸師になるには専門学校に入ることになりますが、気になる学科試験の内容としては解剖学や生理学といった内容があげられます。
それぞれの学校のカリキュラムで何年次に何を行うかというのも変わってきますし、カリキュラムにも違いがありますのでチェックしておくと安心です。
基本的には国家資格試験に向けたものになっていて、卒業と同時に資格取得を目指すということが目的です。
そのため学科も学校で習うことが出来ますのでとてもメリットは大きいです。
わかりやすい授業を提供してくれる講師もいますし、開業にあたってのスキルなども学べます。
技術的な事も親身になって教えてくれる講師がいますし、口コミ評判もチェックです。

鍼灸師の専門学校に入るために必要なこととは?

鍼灸師の専門学校に入るために必要なことですが、原則として高等学校を卒業していなければなりません。
これは別に鍼灸師だけに限った話ではなく、世の中に数多く存在する専門学校と名の付くものは全て同じですから留意しておきましょう。
なお、良く似た名称に専修学校があります。
こちらは中学校を卒業していれば受験することができます。
学校ですから入学試験があるわけで、高等学校卒業者が対象なのですからそれ相応の学力が求められると思われるかもしれませんが、建前上はそうかもしれませんが実際の試験内容を見るとそのようなことはありません。
いわゆる大学入試試験のようなレベルは一切求められないばかりか、各科目の筆記試験があることも珍しいです。
試験内容としては小論文とか面接が主体になっていることが多く、ペーパーテスト的な学力というよりは資質というか適性とかやる気などが求められることが多くなっていますので、そのための準備はしておきましょう。

鍼灸師の専門学校卒業後でも特別セミナーなどに参加することができる

鍼灸師になるための専門学校では、様々なセミナーも開催されています。
やはり技術や知識をえていくためには、様々なセミナーを利用する事で自分をもっと高めていくことが出来るということも有りますので参加したいと考える方も多いでしょう。
第三者的に考えると、鍼灸師の専門学校卒業後には、参加することはできないのではないかと思う方も多いかもしれません。
これはそれぞれの学校によりますので、確認をしてからですと安心です。
場合によっては出来ることも有れば出来ないこともあるというケースもあります。
鍼灸師は東洋医学が注目されている中で、手に職を持つことを考えて選んでいる方も多いですし、時代にマッチしている職業の一つともいえるかもしれません。
AIでは出来ないことも有りますし、ヒトの手を当てる事で手当てと言って直すことが出来る可能性も出てくるからです。
技術だけではなく知識も必要となりますし、学校を選んで学習していきましょう。

外国籍でも鍼灸師の専門学校に受験できる?

外国籍であっても鍼灸師の専門学校を受験できます。もちろん、専門学校を受験するからには合格後のカリキュラムを経て鍼灸師の資格を取ることを目標としているはずですが、これについても問題はありません。日本国内では日本国籍のある者しか鍼灸師にはなれないといった決まりはなく、実際、外国籍を持っている人でも多くの人が鍼灸師になって国内で開業するなど活躍しているからです。 ただ、国籍は関係ないとはいえ、日本語の能力は必要となりますのでこの点は誤解のないようにしてください。というのも、日本での試験は当然ながら日本語で行われ、国籍にかかわらず外国語での受験などは認められていないからです。国内での資格であって、例えば開業した後は基本的には日本語のみを話す日本人が自分にとってのお客さんとなるわけですから、この点は差別といったような筋合いの話ではなくて実際の業務に必須だからということで、誰でも理解していただけるでしょう。

鍼灸師の専門学校は在学中でもアルバイトができる?

鍼灸師の専門学校は在学中でもアルバイトができるかと言えば、可能ではあります。これは鍼灸師だけに限らず全国の他の専門学校とか大学などであっても基本的に大きな差はありません。平日はそれなりにカリキュラムをこなさなければならないようになっていますが、それでも朝から晩までといったことはあまりなく、昼過ぎとか夕方には十分時間が空くことが多いですし、休日はもちろん自由です。その時間帯にアルバイトをすることは問題ありません。 ただし最終的な目標は鍼灸師の資格を取ることにあるはずで、それは必ずしも受け身の授業だけでこなせるものではないかもしれません。つまり予習とか復習も疎かにしてはならないということです。この辺りは程度ものということができるでしょう。また、当たり前のことではありますが取得前は無資格なのですから、いくらその専門学校に通っている者とはいえ、鍼灸師の資格が必要なアルバイトをするようなことはできません。

鍼灸師の専門学校に学生寮はある?

必ず学生寮が備わっている訳ではなく、残念ながら存在していない鍼灸師の専門学校もあります。寮がない鍼灸師の専門学校を選択した場合、住まいの問題を抱えている時は自ら暮らせるところを探すことが求められてきます。 そこで鍼灸師の専門学校を検討しており、住まいの問題を解消したい場合は学生寮があるのかチェックすることが必要です。鍼灸師の専門学校のホームページにアクセスしたり、資料を確認することで簡単に把握できます。もしなかった場合は別のところを選択すればいいので、根気強く探していくのがポイントです。 寮があった場合は、利用できるのか確認しないといけません。残念ながら利用できないケースも少なからずあるため、電話やメールなどで質問して特に問題はないです。その時にルールや費用なども問い合わせすることで、自分にとって無理なく利用できる寮や学校なのか判断することができ、充実した時間を過ごせる可能性が高まっていきます。

鍼灸師の専門学校に入学する際に必要な書類とは?

鍼灸師になるためには、まず養成施設で勉強をし、卒業見込みとなった段階で国家試験の受験資格を得なければなりません。鍼灸師を目指す人の多くは、専門学校に入って学んでいますが、その入学手続きではさまざまな書類の提出を求められます。 鍼灸師の専門学校への入学時に必要となる書類は大きく、入試時に必要になるものと合格後に提出するものに分けることができ、専門学校に請求して送ってもらった資料を見ればわかります。入試時に必要になるものには入学願書、高校の卒業証明書、出身高校の調査書、志望理由書などがあります。高校に通っていなかった場合は卒業証明書や調査書の代わりに、高等学校卒業程度認定試験に合格したことを示す証明書を用意します。 一方、合格後に提出を求められるものには、誓約書や保護者の同意書などがあり、受験時に比べれば準備に手間はかかりません。入学手続きでは、文書の提出より学費の納入の方が重要であり、指定の期日までに入金が行われていなければ、誓約書などを出せたとしても入学許可がでません。

鍼灸師の専門学校を卒業した後の就職先は?

鍼灸師に関する情報サイト
はじめての鍼灸師

当サイトは鍼灸師とはどういう仕事なのか、専門学校や仕事内容についてよくある疑問・解決方法を分かりやすくご紹介しています。鍼灸のプロに関心があるのなら、ぜひ参考にしてみてください。鍼灸を施せるプロになるための学校は働きながらでも通学できるのか、という謎も解説しています。さらに鍼灸の学校では入学金などの借り入れ制度があるのかという質問にもお答えしているサイトです。自分に合う学校を見つけるためにも役立つ可能性があります。

Search